親不知

先日のPOIC研究会のセミナーで、講師の先生にいくつか症例を見せて頂きました。

その中に下顎の中に埋まっている親不知の抜歯の症例がありました。
通常、顎の骨の中に埋まっている場合、歯茎を切開して歯を分割して抜きます。
また、必要があれば顎の骨を削ることもあります。
自分自身も2回体験しましたが、抜歯後痛みが1週間ほど続き、顔が左右非対称になるくらい腫れました。
顎の骨を削ったのだから多少は仕方ないと思っていたのですが・・・。

講師の先生が言われるには、エコシステムの殺菌水を使用してPOICウォーターで洗浄すれば、ほとんど痛みも腫れも出ないとのことでした。
見せて頂いた症例写真でも腫れていませんでした。

治療中に使っている水の中に含まれる細菌が、腫れや痛みを引き起こす原因だそうです。
エコシステムがあれば安全安心が得られるだけでなく、傷の治りも良いのです。

治療中だけでなく治療後もできるだけ痛くない治療を心掛けて診療致します。
今週もどうぞ宜しくお願い致します。