• ホーム > 
  • 私たちが考える小児歯科

楽しい小児歯科を目指して

北九州市八幡西区の歯医者さん「ジョイ歯科・こども歯科クリニック」は、お子さんに楽しく通院して
いただける小児歯科を目指しています。歯科医院は、歯の健康を保っていくために定期的に通っていただく
場所。当院では、こどものうちから自然に歯科医院に親しんでもらえるよう、通いやすい医院づくりに
努めています。こちらでは、私たちが考える小児歯科の大切な3つのポイントをご紹介します。

お子さんを泣かさないこと

当院の方針として掲げているのが、「泣かさない小児歯科」。
お口のなかの悪い部分をできるだけすぐに治療することは大切ですが、
「治療を優先するために、こどもが多少泣いても仕方がない」という
やり方は少し違うと考えています。

医院の雰囲気に慣れずに緊張したり怖がったりしているお子さんに
無理やり治療を行うことで、泣いてしまうこともあるかと思います。
一度嫌な思いを経験してしまうと、お子さんはずっと「歯医者さんは
怖いところ」という印象をもってしまいます。

当院ではそういった歯科医院に対してネガティブなイメージを
もたせないよう、まずお子さんに医院の雰囲気に慣れてもらうこと
からはじめています。いきなり治療を開始することはいたしません。
歯科医院にいいイメージをもってもらい、自然と通いたくなれば、
よりお子さんの歯の健康を守りやすくなるはずです。
当院ではお子さんの気持ちを重視し、「泣かさない診療」を
心がけています。

お子さんとのコミュニケーションを大切にすること

当院では、お子さんのお口の状態や治療についてのご説明を親御さん
はもちろん、お子さん自身にもしっかり理解してもらえるように
努めています。「こどもには難しいことはわからない」ということ
は決してありません。こどもなりに理解できることや納得できること
がありますので、お口の写真やレントゲン・模型などをお見せして
しっかりと説明してコミュニケーションをとることが大切だと
考えています。

日ごろからお子さんとのコミュニケーションを大切にしていれば、
いざ治療となったときに緊張したり、怖がったりすることも少なく
なるはずです。もしかしたらお子さんからすすんで診療台でお口を
開けてくれるようになるかもしれません。相手がこどもだからと
いってごまかさず、きちんと接することが大切です。当院では、
お子さんに安心して治療を受けてもらえるように、ていねいな診療を
心がけます。

お子さんとお母さんが楽しく通えること

子育てで忙しいお母さんは、自分のお口のケアをついつい後回しに
してしまいがちです。たとえば妊娠中から産後にかけて、歯や歯茎が
弱ってしまった……というお母さんは少なくありません。

当院では、お子さんと一緒にお母さんにも歯科診療を受けて
いただける体制を整えています。まずお子さんに医院に親しみを
もってもらい、楽しいところだと思ってもらえれば、お母さんの
治療中もしっかり待つことができるはずです。
そうなれば、お母さんのお口の健康管理もしやすくなり、母子ともに
お口を健康な状態に保てるでしょう。

当院のコンセプトは、「お子さんとお母さんが一緒に通える
歯科医院さん」。お子さんとお母さんはもちろんのこと、お父さんや
おじいちゃん、おばあちゃんのご来院も大歓迎です。ご家族皆様に
お口の健康を手に入れてほしいと考えていますので、お口のことで
お困りの際は当院までお越しください。

  • 子供はいつから歯医者に通えばいいの??
  • 子供が虫歯にならないためにはどうすればいいの?
  • お口と遺伝に関するお話?
  • 子供と一緒に治療はしてもらえるの?
  • 妊娠中は治療してもらえるの?
  • 矯正のタイミングっていつ?

ドクターインタビュー/やさしくて子供が大好きな吉廣先生の歯科に対する思いを紹介します。

  • 診療時間のご案内
  • tel:093-695-1188
  • 初診の方はこちら
  • 再診の方はこちら

交通情報:〒807-0831 北九州市八幡西区則松7丁目22番23号キミエ華里レジデンス1F

ブログ

オフィシャルサイトへ

歯科タウン

お待ちしております♪