• ホーム > 
  • こどもはいつから歯医者に通えばいいの?

小さなころから歯医者に通う習慣を

歯医者さんにはじめて連れて行くのは、いつごろがいい?矯正治療をはじめるのは、全部永久歯に生え替わってから?

お子さんを歯科医院に連れて行くタイミングについて、お悩み
ではありませんか?従来、歯医者は「むし歯になってから
行くところ」と思われてきましたが、近年ではようやく
「悪くなる前に行くところ」という認識が広まりつつあります。

お子さんのお口の健康を守るには、「なってからの治療」
ではなく「なる前の予防」のための通院が大切です。
こちらのページでは、北九州市八幡西区の歯医者さん
「ジョイ歯科・こども歯科クリニック」が、お子さんの
通院のタイミングなどについてご紹介します。

通院のタイミングについて

当院では、お子さんの通院に最適なタイミングについて、次のようにご案内しています。

生後1歳半ごろまで このころまでは、ご自宅でケアをしっかり行ってください。 食事の後には、お茶を飲ませることをおすすめします。 お茶には歯を強くし、むし歯への抵抗力をつけるフッ素が含まれています。
乳歯の時期 いずれ生え替わる乳歯はむし歯になっても大丈夫では? とお考えの 親御さんも多くいらっしゃいますが、それは適切な判断とはいえません。 乳歯の時期にむし歯があると、永久歯に生え替わってからもむし歯に なりやすくなるからです。
生え替わりの時期 また、乳歯は大人の歯よりやわらかく、むし歯になりやすいのが特徴です。 乳歯が生えたら、まず当院まで健診に連れてきてください。健診では、 今後のケアのポイントなどをお教えします。ご自宅で仕上げみがきに よってセルフケアをしっかり行うとともに、定期健診でプロのケアを 受けることをおすすめします。

定期健診について

むし歯や歯周病などにかかると、その症状は日々悪化していきます。
しかし、自分自身でお口の中の状態をくまなくチェックすることは
難しく、小さな変化を見過ごしてしまうケースもあります。
お口の健康を維持するには、歯科医院で定期的なチェックを受ける
ことが有効です。

大人でさえ気をつけていてもお口のトラブルが発生してしまうの
ですから、成長途中のお子さんにとってはなおさらのことです。
乳歯の生えはじめから永久歯への生え替わり、そして生えそろうまで、
そのときどきの変化をしっかり見守ることで、むし歯を予防したり、
正しい歯並びを導いたりすることにつながります。お子さんのお口の
健やかな成長のために、積極的に定期健診をご活用ください。

定期健診の目的

定期健診では次の項目を行い、お口の健康を維持管理することを目的としています。

  • むし歯のチェック
  • 歯ぐきの状態(歯肉炎)のチェック
  • 歯並び、咬み合わせのチェック
  • 指しゃぶり、歯ぎしり、舌癖、口呼吸など、歯並びに影響するクセのチェック
  • むし歯の予防処置(フッ素塗布・シーラント)
  • 歯石や歯垢の除去(歯面清掃)
  • 歯みがき指導

定期健診を受けていれば、もしむし歯ができたとしても早期の対応が可能になります。
さらなる進行を食い止め、お子さんの治療の負担を減らすことも、定期健診の目的の一つです。

定期健診の流れ
問診
前回の健診以降に、何か変化があったか、また気になることがあるかなどを
お伺いします。「指しゃぶりなどのクセがやめられない」、「次の歯が
なかなか生えてこない」など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
診察
むし歯ができていないか、歯肉炎になっていないか、歯みがきのクセはない
かなどをチェックします。また前回問題があった部分があれば、その経過も確認します。ごく初期のむし歯は、専門家でないと見つけることができません。
定期健診ではそういった初期症状も注意深くチェックしていますので、
早期発見が可能になります。
診査
診察の後、詳しい診査が必要であると判断した場合には、レントゲン撮影を
行います。レントゲンでは、表からは見えにくい歯と歯の間のむし歯なども
見つけることができるため、早期の対応が可能になります。
またダイアグノデントという、レーザーを歯に当てるだけでその歯の健康状態、虫歯の進行具合を数値で表してくれる機器を使用したり、口腔内写真(模型検査)、歯ぐきの健診も状況に応じて行っております。
指導・予防処置
STEP1~STEP3 をふまえ、次回の健診までに注意すべきことをお伝えし、
指導します。お口の健康を維持するために、歯みがきのクセや生活習慣など
(特に食生活習慣や癖)を意識して直していきましょう。また、むし歯の
予防処置として、フッ素塗布やシーラントなども行っています。
もし、次回の健診日までに気になることがあれば、いつでもご相談ください。

~こどもの予防処置・フッ素塗布とシーラント~

フッ素塗布 シーラント
歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に
塗布し、むし歯に強い歯にする処置です。
定期的に行うことで、予防効果が高まります。
奥歯の溝をうすいフッ素入りのプラスチックで
ふさぐ虫歯予防法です。6歳臼歯の咬合面の溝は
とても複雑であり、食べカスが詰まりやすく
歯みがきがしにくいため、むし歯になりやすい
といえます。
フッ素とは? シーラントとは?
フッ素には大きく3つの働きがあります。
①歯を強くする
②再石灰化を促進する
③虫歯菌を抑制する
といった予防効果があります。
歯の噛む面の溝にあらかじめフッ素入りの樹脂
をつめて、虫歯を予防する方法です。歯を削る
ことはありません。シーラントでつめてある
間は、持続的にフッ素が歯に吸収されていく
ので歯が強くなります。
(保険適用治療です)
  • 子供はいつから歯医者に通えばいいの??
  • 子供が虫歯にならないためにはどうすればいいの?
  • お口と遺伝に関するお話?
  • 子供と一緒に治療はしてもらえるの?
  • 妊娠中は治療してもらえるの?
  • 矯正のタイミングっていつ?

ドクターインタビュー/やさしくて子供が大好きな吉廣先生の歯科に対する思いを紹介します。

  • 診療時間のご案内
  • tel:093-695-1188
  • 初診の方はこちら
  • 再診の方はこちら

交通情報:〒807-0831 北九州市八幡西区則松7丁目22番23号キミエ華里レジデンス1F

ブログ

オフィシャルサイトへ

歯科タウン

お待ちしております♪