• ホーム > 
  • お口と遺伝に関するお話

親子はお口も似ている!?~遺伝のお話~

親子は何かと似ているもの。顔立ちや背格好、髪質などは、親から子へ
遺伝の要素が大きいといわれています。同様にお口の中についても、
「親もむし歯が多かったから私も多い」「親に似て出っ歯で……」など
というお話を耳にすることがあります。

では実際、お口の中についても遺伝は存在するのでしょうか?
こちらのページでは、北九州市八幡西区の歯医者さん「ジョイ歯科・
こども歯科クリニック」が、歯の強さやむし歯のなりやすさ、
歯並びなどと遺伝の関係性についてご紹介します。

歯の遺伝について

一人ひとり異なる歯の特性としては、強度やむし歯のなりやすさ、また歯の大きさ・形、歯並びなどと
いったさまざまな要素があります。こういった要素と遺伝が関係あるかというと……、その答えは
「該当する部分もあれば、該当しない部分もある」といえます。

歯の強度の遺伝について

「歯質の強さ(弱さ)」に関しては遺伝による要素が大いにあります。
しかし、歯質が弱いからといって、必ずしもむし歯になりやすいとは
いえません。なぜなら、むし歯のなりやすさには、後天的な要素が
大きく関わってくるからです。

たとえば、親御さんが甘いもの好きであれば、お子さんも甘いものを
食べる機会が多くなるでしょう。また、親御さんが歯みがきをする
習慣をきちんと教えてあげないと、お子さんが正しく歯みがきをする
習慣が身につかないかもしれません。生活習慣によってむし歯に
なりやすいかどうかが変わりますが、その点は遺伝とは関係ありません。

また、歯質が強いと自覚することでケアを怠ってしまうと、
むし歯や歯周病のリスクが高まります。大切なのは、やはり予防意識
だといえるでしょう。

むし歯の遺伝について

むし歯は遺伝するもの……とお考えの方もいるかもしれません。
しかし、実際にはそんなことはありません。むし歯はむし歯菌による
感染症であり、遺伝で発症するものではないのです。

しかし、親から子にむし歯がうつる、というのは本当の話です。
これは「母子感染」と呼ばれており、身近な大人からこどものお口に
むし歯菌がうつることをいいます。実は、生まれたばかりの
赤ちゃんのお口には、むし歯菌は存在しません。日常生活での
コップやおはしの共有、愛情表現のキスなどによって、
大人のお口からうつってしまうのです。

つまり、むし歯ができるのは遺伝ではありませんが、親が感染源になっているということ。お子さんに
むし歯菌をうつさないためには、食器などの共有を避けるだけでなく、親御さん自身もしっかり歯科治療を
受け、お口の中から菌をなくしておくことが大切です。

特に生後19カ月~31カ月に感染しやすくなっています。

歯並びの遺伝について

顔つきや体格と同じように、歯や顎の形にも遺伝的要素があります。
そのため歯並びにも、少なからず遺伝が関係しているといえます。
しかし、歯並びの乱れは指しゃぶりやほおづえ、うつぶせ寝、舌癖、
口呼吸などのクセなどによっても、大きな影響を受けます。
遺伝だけが問題ではありません。

また、成長期にあるお子さんの場合は、早めに矯正治療に
とりかかれば歯並びを正しくすることができます。大切なのは
小さいころから成長を注意して見守ってあげることだといえるでしょう。

親から子に遺伝するものとしないもの
遺伝するもの 遺伝しないもの
  • 歯質の強さ(弱さ)
  • 歯や顎の形
  • 歯並び
  • むし歯
  • 歯周病
  • 歯並び
  • 子供はいつから歯医者に通えばいいの??
  • 子供が虫歯にならないためにはどうすればいいの?
  • お口と遺伝に関するお話?
  • 子供と一緒に治療はしてもらえるの?
  • 妊娠中は治療してもらえるの?
  • 矯正のタイミングっていつ?

ドクターインタビュー/やさしくて子供が大好きな吉廣先生の歯科に対する思いを紹介します。

  • 診療時間のご案内
  • tel:093-695-1188
  • 初診の方はこちら
  • 再診の方はこちら

交通情報:〒807-0831 北九州市八幡西区則松7丁目22番23号キミエ華里レジデンス1F

ブログ

オフィシャルサイトへ

歯科タウン

お待ちしております♪